血圧器

内視鏡検査を行い際に使用されるのは、胃カメラと呼ばれる専用のカメラである。これは病院だけではなく、小規模な内科でも行われる事のある検査であるが、時には内科から病院へ紹介状が出されることで改めて検査を受けに病院に行くというケースも多い。いずれにせよ、この検査で分かるのは胃の内部の状態となっている。胃潰瘍や胃がん検査の為に使用されるのが一般的だとされている。
病院で検査を行う場合、こうした医療器具だけではなく麻酔を使用するケースも存在する。これは、内視鏡と言う存在が鼻と口(喉)のいずれかでしか入れる事ができない為であり、それには多少なりとも苦痛や嘔吐感を感じる為である。この麻酔を使用するかどうかという点は、病院の比較にも用いられる要素である為、しっかりとチェックしておく必要がある。

内視鏡という存在は過去よりも小型化されており、体内に挿入する際の苦しさ等はかなり軽減されている為、イメージほど苦しくないというのが一般的である。
しかし、細かい所は病院の評判や医師の腕で変化する為、事前の情報収集はしっかりと行うべきと言える。

使用時

内視鏡検査を行う場合、まずは病院の評判を比較する事が重要である。そして、その際に気になる要素としては使用する器具の種類と麻酔の有無、医師の腕となっている。器具は要するに内視鏡を鼻から入れるか喉から入れるかの違いであり、同じタイプをどちらから入れるかを選ぶというケースも多い。近年は鼻から入れる方法が主流となっており、これは嘔吐感が軽減する為だとされている。
次にある麻酔の有無は、内視鏡検査を行う際に麻酔を用いるかどうかという点である。この麻酔は局部麻酔よりも全身麻酔を軽く行い、意識がほとんどない状態で検査を行う事で、痛みや苦しみをほとんど感じることなく終了までを過ごせるというものである。胃の内部の状況を説明する場合は、録画しておいた映像を見せることで解決する為、痛み等が気になる場合は麻酔を使用する病院を選ぶことが推奨されている。

そして最後の医師の腕と言う点に関しては、病院の評判や口コミをチェックする事で知ることができる。医師の情報というものは口コミで広がりやすいものである為、それぞれの特徴や得意な施術などが細かくチェックされ、ネット上などで紹介されている事が多い。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031