治療を受ける女性

保険適用外

歯医者で保険が効かない治療

歯や歯茎など口腔内に関する治療を専門的に行っているのが歯医者です。歯医者でできる治療には健康保険が効く治療と効かない治療があります。虫歯や歯周病治療など、健康目的でする治療は健康保険が適用されるので3割負担です。しかし、虫歯治療でもレーザーを使用した治療は全額自己負担になります。また、予防歯科という虫歯予防を目的とした治療も自己負担です。 美容目的で歯医者を利用する場合はすべて自己負担です。審美歯科、歯科矯正、ホワイトニングなどがそうで、自由診療になるので歯医者によって医療費が異なります。なお、小児矯正など健康目的で歯並びを治す場合は医療費控除の対象となり、税務署で手続きをすれば還付金が受けられます。

審美歯科でできること

歯医者で歯を白くしたり、歯並びや口元を美しする治療をすることを審美歯科と言います。審美歯科ではオフィスホワイトニング、矯正、セラミッククラウン、クリーニング、メタルボンドなどができます。 歯の美白治療がオフィスホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に塗布し、ハロゲンライトやLEDライトを照射して白くしていきます。3回くらい繰り返すと思い通りの白さになれます。 歯の大きさが不揃いだったり、歯と歯の間が空いていたりといった症状を解決できるのがセラミッククラウンです。歯の表面を削り、その上から陶器製のセラミックを被せて補正します。オフィスホワイトニングの効果は半年ほどですが、セラミッククラウンは破損しないかぎり半永久的に持ちます。

ページの上部へ